2019年7月22日(月)

広島県、ヤフーと「防災マップ」、25日から開始

サービス・食品
中国・四国
2019/6/25 18:26
保存
共有
印刷
その他

広島県はヤフーと連携し、スマートフォンで土砂災害警戒区域を確認できる「防災マップ」の運用を25日から開始した。土砂災害警戒情報が発令されると、スマホの画面上に通知が出る。現在地や事前に登録した3地点の危険度を地図上で見ることができる。スマホを活用した情報発信により住民の早期避難につなげる狙いだ。

広島県とヤフーが共同開発した「防災マップ」は土砂災害の危険度を5段階で表示する

広島県とヤフーが共同開発した「防災マップ」は土砂災害の危険度を5段階で表示する

ヤフーが手掛ける防災アプリに、県と共同開発した土砂災害警戒区域の情報を加えた。県や気象庁が出すデータをもとに、「極めて危険」「非常に危険」など色別に5段階で危険度を表示する。上位の2段階は、該当する地域の全住民が避難対象となる「レベル4」に相当する。

県の土木建築局は「居住する地域やその周辺の状況が把握できる。早めの避難を判断する材料にしてほしい」と話した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。