/

この記事は会員限定です

イオン、アジア苦節30年の種まき 柔軟に日本モデル浸透

ビッグBiz解剖(下)

[有料会員限定]

少子化で日本市場の拡大が見込めないなか、イオンが成長の柱に据えるのが海外市場だ。その中心はアジア。仏カルフールなど欧州系スーパーの撤退が相次ぐが、イオンは粘り腰で市場に浸透してきた。ただ日本以上に急速にデジタル化が進む市場でアリババ集団などネット企業との戦いが待ち受ける。

ベトナムの首都ハノイの中心部から車で南西に約30分。ハドン区に敷地面積10ヘクタール、約3千台の駐車台数を持つ巨大モールが2019年内の開業に向けて建設中だ。イオンモールの吉田昭夫社長は「住宅も道路もほとんどできていない場所に店を構える...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1592文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

経営戦略や人材戦略、投資戦略、研究開発(R&D)、サプライチェーンや現場の取り組みは。日本やアメリカ、中国などグローバル競争の先頭を走る有力企業の現在と未来を追います。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン