東京ガス、年初来安値 ホルムズ海峡危機で連想売り

2019/6/25 20:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

25日の東京株式市場では東京ガスの株価が一時、前日比45円50銭(2%)安の2552円50銭をつけ、年初来安値を更新した。年初来安値は18日以来、1週間ぶり。中東のホルムズ海峡での緊張感の高まりを受けて、液化天然ガス(LNG)を輸入する東京ガスの業績への影響を懸念する連想売りが膨らんだようだ。

終値は45円(2%)安の2553円だった。トランプ米大統領が24日、自身のツイッターで「(日本や中国が…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]