東レ、特別顧問制度を廃止 榊原氏も退任

2019/6/25 17:10
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東レは25日付で同社の歴代トップ経験者が就いていた特別顧問制度を廃止した。経団連前会長で同社の社長と会長を歴任した榊原定征氏も特別顧問を退任し、東レに置いていた籍がなくなった。同社によると「特別顧問は経営に関与しておらず、実態を反映した」としている。

特別顧問は東レの会長や社長の経験者が就いていた。榊原氏のほか平井克彦氏、下村彬一氏の3人が同職にあった。

同社の会長や社長経験者は退任後に相談役と…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]