東大・京大など金沢で観測 雷雲からの放射線、雷の引き金か

大学
2019/6/26 2:00
保存
共有
印刷
その他

東京大学の大学院生、和田有希さんと京都大学の榎戸輝揚特定准教授らのグループは、雷雲で発生する放射線のガンマ線が雷放電の引き金になっているとみられる現象の観測に成功した。謎の多い雷発生のきっかけを解明する手がかりになるという。

研究グループは2018年1月、金沢市上空を通過中の雷雲を小型の放射線測定器で観測し、約1分間にわたりガンマ線が降り注ぐ「ロングバースト」と呼ぶ現象をとらえた。さらにその途中に雷放電が発生し、周囲で1秒未満の短い時間のガンマ線が生じる「ショートバースト」も観測した。

ロングバーストが消失したと同時にショートバーストと雷放電が発生しており、ロングバーストが雷放電などの発生を促進している可能性が高いとみている。

雷の発生については放射線が重要なカギを握っていると考えられているが、詳細な過程は解明されていない点が多い。研究グループは雷雲の高度が低くエネルギーも強い日本海沿岸部の冬の雷に着目し、金沢市を中心に自治体や高校、企業の協力を得て観測を続けている。立ち上げ時の研究費も一般市民に募り160万円を調達した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]