/

この記事は会員限定です

電炉も働き方改革 日曜休み、夜勤は縮小

[有料会員限定]

国内の電炉産業で稼働日や稼働時間を見直す動きが進み始めた。電炉は売上高に占める電力使用量が一般的な製造業の約10倍と高い。従来は電力料金の安い土日や夜間に稼働してきたが、太陽光発電などの拡大で電気が余る平日に安くなる料金契約を結べるようになったためだ。休暇を取りやすくし働き方改革や人材獲得にもつなげる。

中堅電炉の関東スチール(茨城県土浦市)は2018年から1週間の稼働スケジュールを大きく見直した...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り631文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン