/

この記事は会員限定です

レアアースの生産、中国になぜ集中?

(スグ効くニュース解説)

小玉祥司編集委員

[有料会員限定]
米中貿易摩擦で注目されているレアアース(希土類)は、世界生産の7割を中国が占めるそうですね。なぜ中国に生産が集中しているのですか。

回答者:小玉祥司編集委員 レアアースは、ネオジムやジスプロシウムなど化学的な性質が似た17種類の元素をまとめて呼ぶときの名前です。中国が生産の7割を占め、特に高性能磁石を作るのに欠かせないジスプロシウムなどは中国のシェアが高くなっています。これは中国がとても安くレアアース...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1133文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

スグ効くニュース解説

「スグ効くニュース解説」では、読者のみなさんが疑問に感じる「ニュースのなぜ?」を取材経験が豊富な日本経済新聞の編集委員がわかりやすく解説します。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン