/

この記事は会員限定です

習・トランプ大阪決戦、「親米映画」が示す迷い

編集委員 中沢克二

[有料会員限定]

存在しないと信じられてきた「ブラックスワン(黒い白鳥)」。中国内で権力を固めたはずの国家主席、習近平(シー・ジンピン)にとって、米大統領のトランプこそ巨大なリスクをはらむ魔の「黒い白鳥」らしい。

5月初め、中国は「不平等」や「国家主権の侵害」を理由に、150ページにまとまっていた米中合意の文書案を突然、105ページにまで修正・圧縮して米側に送り返した。それから既に1カ月半余り。ちゃぶ台をひっくり返...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3218文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

習近平帝国の暗号 2035

著者 : 中澤 克二
出版 : 日本経済新聞出版社
価格 : 1,980円 (税込み)

習政権ウオッチ

経済や安全保障面で米国の一極支配を打破しようとする中国の習近平政権の中枢で何が起きているのか。習国家主席による腐敗撲滅政策の狙いなどを的確に報じ、「ボーン・上田記念国際記者賞」を受賞した中沢克二・日本経済新聞編集委員(前中国総局長)が深掘りする。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン