2019年7月24日(水)

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,700.83 +79.95
日経平均先物(円)
大取,19/09月 ※
21,680 +80

[PR]

業績ニュース

LIXIL、瀬戸氏がCEOに復帰

株主総会
住建・不動産
2019/6/25 15:53 (2019/6/25 19:25更新)
保存
共有
印刷
その他

LIXILグループは25日夜、都内で記者会見を開き、瀬戸欣哉氏の最高経営責任者(CEO)への復帰を発表した。同日の株主総会では株主側が提案した取締役候補8人全員の選任が可決され、全取締役14人の過半数を確保した。会社側が提案した候補のうち2人は否決される異例の事態となった。経営トップの混乱をめぐり約8カ月間続いた問題が収束する。

【関連記事】LIXIL総会、瀬戸CEOの賛成比率53.7% 薄氷の可決

総会後に開いた取締役会で瀬戸氏の代表執行役社長兼CEO就任を決めた。瀬戸氏はその直後の会見で「戻ってこられたことが素直にうれしい。これからは一つのチームになる」と主張した。会社が提案していた大坪一彦氏が代表執行役副社長、松崎正年氏が取締役会議長を務める。

今後については「固定費の高さが課題」と指摘。生産性改革を優先し、早期の最終黒字転換(2019年3月期は521億円の赤字)を目指す。

総会は株主の票集計のための一時中断もはさみ夕方まで続いた。株主案が全て可決される一方、会社案8人(共通案の鬼丸かおる氏と鈴木輝夫氏を除く)は福原賢一氏と竹内洋氏が否決された。

総会の出席株主数は629人と前年の3倍以上に膨らんだ。出席した株主からは「争いをしていないで安定した経営を進めて利益を出してほしい」「社外取締役だらけの会社提案で本当に機能するのか」などの指摘が相次いでいた。

同社は昨年10月、「プロ経営者」として招かれた瀬戸氏が事実上解任された。母体企業の一つの旧トステム創業家の潮田洋一郎氏が新CEOに就任していたが、交代の経緯が「不可解」として機関投資家の一部が反発。4月に潮田氏は取締役とCEOからの退任を発表した。

5月に会社側は当時の取締役を全て退任させ新候補を提案した。瀬戸氏側も独自候補を提案し、選任されれば瀬戸氏がCEOに復帰する意向を示していた。双方が相手提案の否決を株主に呼びかけ対立が激化していた。

【関連記事】
LIXIL瀬戸CEO「今日からワンリクシル」
経営の担い手は株主が選ぶ LIXIL総会、瀬戸氏が復帰
LIXIL瀬戸CEO「結果で信頼を取り戻す」
LIXIL瀬戸CEO「サッシ事業撤退なし」

LIXIL株主総会、3つのポイント
[社説]株主の声に企業は統治の質向上で応えよ
「ガバナンスが泣いている」、LIXILで見えた課題
「辞めさせるのがガバナンス」 LIXIL流の迷走

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。