LGBT理解増進法案 自民、秋の国会提出目指す

2019/6/25 15:27
保存
共有
印刷
その他

自民党の性的指向・性自認に関する特命委員会(古屋圭司委員長)は25日、性的少数者(LGBT)理解増進法案の要綱を決めた。「性的指向と性同一性の多様性を受け入れる寛容な社会の実現」を明記し、LGBTへの理解を広げる基本計画策定を政府に求めている。秋に想定される臨時国会への提出を目指す。立憲民主、国民民主両党などはLGBT差別解消法案を国会提出済みだ。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]