2019年8月20日(火)

リニア新駅の位置検証の調査、2地点を想定 山梨県

2019/6/25 13:54
保存
共有
印刷
その他

2027年開業予定のリニア中央新幹線の新駅が県内に設置される山梨県は、駅位置を検証するための乗降客数の調査を、2地点を想定して実施する。開会中の県議会で明らかにした。中央自動車道のインターチェンジが近くに建設される予定の甲府市南部の「大津町周辺」と、JR身延線の「小井川駅周辺」(同県中央市)に駅を造った場合の利用見込みを調べる。

県は調査関連費用として1738万円などを盛り込んだ6月補正予算案を県議会に提案している。調査では山梨と全国各地を行き来する場合の現状での交通手段のほか、リニア開業後にどう変化するかなどを総合的に調べる。県は18年に、停車本数を1時間に上下それぞれ最大2本とした場合、35年時点で新駅の乗降客数が1日1万2000~1万9700人との予測を公表している。

リニア新駅を巡っては、長崎幸太郎知事は「リニアが山梨経済や交通に与える影響を議論する土台として、客観的な数字が必要」との考えを示している。その上で、乗降客数などについて「精緻に客観的なデータを集める必要がある」と指摘している。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。