伊藤忠、海運コンテナを即時管理 仏新興に10億円出資

2019/6/25 13:13
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

伊藤忠商事は海上輸送のコンテナをリアルタイムで管理する事業に参入する。仏スタートアップ企業に7月にも出資し、アジアの海運、物流企業に売り込む。出資額は約10億円とみられる。コンテナにセンサーを取り付け、海上の位置、庫内の温度・湿度、衝撃などの情報を衛星通信で把握する。いつ港に着くか正確に分かるのでコンテナを有効活用でき、食品など繊細な温度管理が必要な荷物を安全に運べる。

伊藤忠は物流データ事業の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]