/

アルゼンチン産牛肉、取り扱い開始 イトーヨーカ堂

赤身部分多く、価格は抑制

イトーヨーカ堂は25日、関東と関西地方の約120店で、アルゼンチン産牛肉の販売を始めた。30日までの期間限定で同国の食材を集めたフェアを行う。アルゼンチン産牛肉は2018年6月、同国南部のパタゴニア産に限って輸入が解禁された。ヨーカ堂によると、アルゼンチン産牛肉を取り扱うのは国内大手小売りで初めて。

アルゼンチン産の牛肉は穀物系の牧草を食べて育つため、脂肪が少なくて赤身が多いのが特徴。部位にもよるが、価格は米国産やオーストラリア産と比べて1~2割、国産と比べて2~6割安いという。輸入の解禁以来、一部外食などでは取り扱われている。ヨーカ堂はフェアでの売れ行きをみて、今後の販売も検討する。

「アルゼンチンフェア」では、「ローストビーフひとくちステーキ」(626円)や「牛味付バラ塩だれ炒め用」(100グラム170円)などを取り扱う。同国産の赤エビやワイン、ハチミツなども販売する。

アラン・ベロー駐日アルゼンチン共和国特命全権大使が25日、イトーヨーカドー木場店(東京・江東)を訪れ、「取り扱ってもらい、感謝している。品質が高いので日本の消費者のニーズに応えられる」と話した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン