2019年7月21日(日)

アルゼンチン産牛肉、取り扱い開始 イトーヨーカ堂
赤身部分多く、価格は抑制

小売り・外食
2019/6/25 12:18
保存
共有
印刷
その他

イトーヨーカ堂は25日、関東と関西地方の約120店で、アルゼンチン産牛肉の販売を始めた。30日までの期間限定で同国の食材を集めたフェアを行う。アルゼンチン産牛肉は2018年6月、同国南部のパタゴニア産に限って輸入が解禁された。ヨーカ堂によると、アルゼンチン産牛肉を取り扱うのは国内大手小売りで初めて。

アルゼンチン産牛肉は赤身部分が多いのが特徴

イトーヨーカ堂は、アルゼンチン産牛肉を期間限定で取り扱う

アラン・ベロー駐日アルゼンチン共和国特命全権大使(右)が店舗を訪れた

アルゼンチン産の牛肉は穀物系の牧草を食べて育つため、脂肪が少なくて赤身が多いのが特徴。部位にもよるが、価格は米国産やオーストラリア産と比べて1~2割、国産と比べて2~6割安いという。輸入の解禁以来、一部外食などでは取り扱われている。ヨーカ堂はフェアでの売れ行きをみて、今後の販売も検討する。

「アルゼンチンフェア」では、「ローストビーフひとくちステーキ」(626円)や「牛味付バラ塩だれ炒め用」(100グラム170円)などを取り扱う。同国産の赤エビやワイン、ハチミツなども販売する。

アラン・ベロー駐日アルゼンチン共和国特命全権大使が25日、イトーヨーカドー木場店(東京・江東)を訪れ、「取り扱ってもらい、感謝している。品質が高いので日本の消費者のニーズに応えられる」と話した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。