2019年8月20日(火)

ニチガス、LPガスの使用量を遠隔検針

2019/7/1 11:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本瓦斯(ニチガス)は液化石油(LP)ガスの使用量を遠隔から検針できる機器を外部販売する。2020年度から全国のLPガス会社向けに売り出す。機器は1時間単位でガス残量を把握でき、検針と交換作業の両面で効率化できる。地方を中心に作業員の人手不足が深刻化する中、エネルギー設備の遠隔検針が広がりをみせている。

ニチガスが開発したのはNCU(ネットワーク制御装置)と呼ばれる機器。無線でガスの使用量やガス…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。