レノボ・グループ、20年夏は「19日間通勤なし」に

2019/6/25 12:08
保存
共有
印刷
その他

レノボ・ジャパンなどは20年夏に19日間連続で通勤なしとする

レノボ・ジャパンなどは20年夏に19日間連続で通勤なしとする

中国レノボ・グループの日本法人レノボ・ジャパンは25日、2020年夏の東京五輪期間中に社員が19日間通勤しない仕組みを設けると発表した。特別休暇と全社一斉のテレワークを実施し、2000人規模の社員が出社しないこととなる。道路の渋滞や鉄道の混雑が予想されるなか、大規模なテレワークなどで混雑緩和や従業員の満足度向上につなげる。

来年7月23日から8月10日までの19日間、社員がオフィスに通勤しなくなる。2日間の特別休暇を設けるほか、残りの8営業日は自宅などから仕事するテレワークを実施する。モトローラ・モビリティ・ジャパンやNECパーソナルコンピュータなど関連4社が対象。修理拠点や生産工場などの一部社員は対象外となる。

21年以降の実施も検討する。レノボ・ジャパンのデビット・ベネット社長は「日本の最高の職場にしたい」と話した上で、「賢く仕事ができるようにする」と話した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]