/

路上で会社員男性2人を刺殺、38歳無職男逮捕 名古屋

男性2人が倒れていた現場付近を調べる捜査員ら(25日午前0時過ぎ、名古屋市北区)=共同

24日午後10時半ごろ、名古屋市北区西味鋺1の路上で、「誰かが刃物で刺している。人が血だらけで倒れている」と110番があった。愛知県警によると、路上に男性2人が刃物で刺されて倒れており、病院に運ばれたが、いずれも死亡が確認された。県警は25日、現場から逃げた同区西味鋺の無職、佐藤俊彦容疑者(38)をこのうち1人の殺人容疑で逮捕した。

県警によると、死亡したのは同区西味鋺の会社員、赤松英司さん(41)と、同県大府市若草町の会社員、小笠原智之さん(44)。2人は同じビル管理会社の同僚で、死因はいずれも出血性ショックだった。

赤松さんらは飲食をした後、事件直前に現場近くで佐藤容疑者と大声で口論するのが目撃されており、県警は何らかのトラブルがあったとみて当時の経緯を調べている。同容疑者は黙秘しているという。

逮捕容疑は24日午後10時半ごろ、北区西味鋺1の路上で、小笠原さんの胸などをナイフで数回突き刺し、殺害した疑い。凶器とみられるナイフが現場近くで見つかっているという。

現場は名鉄味鋺駅から西に約2キロ離れた住宅街の一角。複数の住民が言い争うような声を聞いていた。近くのマンションに住む50代の男性は「怒号が聞こえてベランダから路上を見ると、男性が血を流してあおむけに倒れ、その周りを男がうろついていた」と話した。

別の住民らによると、赤松さんと小笠原さんは互いに100メートルほど離れた路上に倒れていた。佐藤容疑者とみられる男は細身で背が高く、短髪だった。路上に落ちているカバンの中身を物色した後、現場を立ち去った。慌てる様子はなかったという。

住民の女性(52)は佐藤容疑者とみられる男が男性ともみ合っている様子を自宅ベランダから目撃した。「すぐに駆け寄って男性の心肺蘇生をした。『大丈夫ですか』と声をかけたが、反応がなかった」と話した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン