ポーランド、判事定年年齢下げは違法 欧州司法裁

2019/6/25 0:32
保存
共有
印刷
その他

【ブリュッセル=竹内康雄】欧州司法裁判所(ECJ)は24日、ポーランド政府が最高裁判所の判事の定年年齢を引き下げたのは欧州連合(EU)法に違反し、司法の独立を侵しているとの判断を下した。ポーランドとEUは司法改革を巡って対立を繰り返しており、ひとまずEU側に軍配が上がった。

ポーランドでは2018年4月、最高裁判事の定年年齢が70歳から65歳に引き下げられた。その結果、最高裁トップを含む現職判事…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]