蘇寧、カルフール中国事業を買収 外資2強時代に幕

2019/6/25 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【上海=松田直樹】中国家電量販最大手の蘇寧易購集団が仏大手スーパーのカルフールの中国事業を年内に買収する。買収総額は債務も含め14億ユーロ(約1700億円)程度になる見込み。中国ではアリババ集団と騰訊控股(テンセント)のネット2強も大手スーパーや百貨店に相次ぎ出資し、小売り店舗からのビッグデータの取り込みに躍起だ。外資が劣勢にまわるなか小売市場を巡る陣取り合戦は白熱しており、蘇寧もネット2強に対…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]