/

この記事は会員限定です

平均6年で退職 「元リク」が起こす化学反応

リクルート 遺伝子への挑戦者(4)

(更新) [有料会員限定]

リクルートホールディングスの平均勤続年数は約6年。辞めて起業したり、転職したりする人材は「元リク」と呼ばれ、リクルートの遺伝子を受け継ぎ、新たなビジネスに挑んでいる。彼らからは今のリクルートの課題も透けて見えてくる。

麻生要一(36)は2018年4月にリクルートを退社、今は2社のスタートアップを経営する元リク2年生だ。1社はリクルート時代の経験を生かした社内起業コンサルティング。もう1社は高校の同級生が研究していた技...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4049文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

リクルート 遺伝子への挑戦者

リクルートが2020年の創業60年を前に「老い」との戦いに直面している。時価総額が6兆円に迫る大企業となった今、時代を先取りするサービスを生み出すアンテナとなってきた起業家精神をどう受け継ぐのか。モーレツ営業の伝統を働き方改革にどうマッチングさせるのか。創業の遺伝子に向き合う挑戦者を追う。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン