2019年7月17日(水)

「闇営業」に吉本芸人ら参加、詐欺グループから金銭

社会
2019/6/24 21:24
保存
共有
印刷
その他

吉本興業は24日、所属する芸人が特殊詐欺グループとされる反社会的勢力主催のパーティーに出席し、同社を通さない「闇営業」で金銭を受け取っていたと発表した。所属する11人のお笑い芸人が金銭の授受を認め、いずれも当面の謹慎処分とした。ワタナベエンターテインメントも同日、同様に金銭を受け取ったことを認めた芸人2人を当面、謹慎処分とした。

【関連記事】宮迫さん「深く反省」 謹慎処分の芸人らコメント

芸人の謹慎処分について知らせる吉本興業のホームページ

芸人の謹慎処分について知らせる吉本興業のホームページ

吉本興業が謹慎処分としたのは「雨上がり決死隊」の宮迫博之さん(49)、「ロンドンブーツ1号2号」の田村亮さん(47)ら。ワタナベエンターテインメントはお笑いコンビ「ザブングル」の松尾陽介さん(42)と加藤歩さん(44)を謹慎処分にした。

両社によると、13人は約5年前、会社に無断で特殊詐欺グループのパーティーに出席、見返りに金銭を受け取った。両社は金額を明らかにしていない。

お笑いコンビ「カラテカ」の入江慎也さん(42)がパーティーへの出席を仲介し、金銭も入江さんを介して支払われた。吉本興業は6月4日付で、入江さんとの契約を解消した。

関係者によると、問題のパーティーに関与したとされる詐欺グループは、2013~15年に全国の200人から総額40億円以上をだまし取ったとされる。16年までに40人超が警察に摘発され、リーダー格とされた男は逮捕前、都内でエステサロンなどを経営していた。

吉本興業によると、宮迫さんら同社所属の芸人は当初、聞き取りに対しパーティーへの参加は認めた。「反社会勢力とは知らなかった」「ギャラは受け取っていない」と説明したため、同社は厳重注意にとどめていた。

その後の聞き取りで反社会的勢力との認識はなかったとしつつ、金銭の授受を認めたため、より重い謹慎処分とした。

宮迫さんは「間接的ではありますが、金銭を受領したことを深く反省しております」、田村さんは「特殊詐欺グループの会に参加し、金銭の受け取りがございました。謝っても謝りきれないです」とコメントを出した。

吉本興業、ワタナベエンターテインメントは「二度とこのような事態が起こらないようコンプライアンス順守に努めたい」などとコメントを発表した。

出演番組を抱えるテレビ各局は、該当する芸人が出演する放送内容の見直しなどを進める。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。