2019年9月17日(火)

10月のアルゼンチン大統領選、左派野党が先行

2019/6/24 21:06
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【サンパウロ=外山尚之】アルゼンチンの景気後退が続き、10月の大統領選に向けて有権者の関心が経済再建に向いている。左派の野党候補は所得分配を重視する政策への回帰を訴え、支持率で先行する。中道右派の現職マウリシオ・マクリ氏(60)は苦戦している。開放型の経済政策運営を進めてきた同氏の構造改革は頓挫しかねない。

アルゼンチンが19日発表した1~3月の国内総生産(GDP)は前年同期比5.8%減と、4四…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。