フィリピン通信大手グローブ、7月に家庭用高速サービス

2019/6/24 21:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【マニラ=遠藤淳】フィリピン通信大手のグローブ・テレコムは、家庭向けの新たな高速大容量通信サービスを7月に始める。競合のPLDTに比べ、出遅れている家庭向けの需要の取り込みを狙う。データ通信速度は最速のプランで100メガ(メガは100万)ビット秒。同社は、東南アジアで初の第5世代(5G)の高速通信サービスとしているが、一般的には4Gに相当するものとなる。

新サービスは、住宅内に専用の無線通信機器…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]