/

この記事は会員限定です

ドローン操り戦術分析 緻密な情報、飛躍につなぐ

ラグビーW杯まで3カ月 熱闘を支える(上)

[有料会員限定]

グラウンド上空をドローン(小型無人機)が舞う。来るべき本番に備え、7月半ばまでの日程で宮崎市で合宿中のラグビー日本代表。実戦想定の陣形を俯瞰(ふかん)した映像が、次々とパソコンに取り込まれていく。操縦する浜野俊平さん(25)は、情報分析を担うアナリストだ。

質の高い情報やデータの分析は、ときに勝敗を分ける。ラグビーではトップリーグのチームが軒並みアナリストを置き、大学にも広がる。

日本代表は世界の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1130文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン