ニュース

フォローする

ドローン操り戦術分析 緻密な情報、飛躍につなぐ
ラグビーW杯まで3カ月 熱闘を支える(上)

ラグビーW杯
2019/6/25 1:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

グラウンド上空をドローン(小型無人機)が舞う。来るべき本番に備え、7月半ばまでの日程で宮崎市で合宿中のラグビー日本代表。実戦想定の陣形を俯瞰(ふかん)した映像が、次々とパソコンに取り込まれていく。操縦する浜野俊平さん(25)は、情報分析を担うアナリストだ。

質の高い情報やデータの分析は、ときに勝敗を分ける。ラグビーではトップリーグのチームが軒並みアナリストを置き、大学にも広がる。

日本代表は世界…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップスポーツトップ

ニュース 一覧

フォローする

 ラグビーの国際統括団体ワールドラグビー(WR)は14日、ワールドカップ(W杯)日本大会での言動で7万ポンド(約980万円)の罰金を科したスコットランド協会が処分を受け入れ、反省を表明したと発表した。 …続き (11/14)

 ラグビーのトップリーグ、サントリーは14日、2015年ワールドカップ(W杯)で活躍した日本代表37キャップのロック真壁伸弥(32)が現役を引退すると発表した。19年W杯代表には選ばれなかったが「開幕 …続き (11/14)

南アフリカ戦の前半、倒れながら姫野(左)にパスを出すリーチ。パスの回数と正確性で日本は全チーム中、トップだった

 多彩な攻撃パターンからトライを奪える。多くのパスを正確に届けられる――。今回のワールドカップ(W杯)で初の8強に進んだラグビー日本代表の特長は、数字にも表れていた。
 データ会社STATS社と国際統括 …続き (11/15)

ハイライト・スポーツ

[PR]