2019年7月17日(水)

山形大・東北大など、重粒子線がん治療PR
仙台で来月講座

北海道・東北
2019/6/24 20:07
保存
共有
印刷
その他

山形大学などは7月21日、最新のがん治療法に関連した市民講座を仙台市で開く。山形大は150億円をかけて重粒子線がん治療施設を建設中で、2020年の治療開始を目指している。東北初の施設を広く周知させる必要があり、東北大との共催で同治療法をアピールする。

「がんのこれからを知る」は地元経済団体などで組織する山形大医学部先端医療国際交流推進協議会が主催し、仙台国際センターで開く。山形大と東北大が共催して最新のガン治療法について両大学の教授らが説明する。

施設ができると国内外から患者が訪れ、関連研究の振興を通じて地域活性化にもつながると期待されている。施設の稼働時期が近くなり大学の垣根を越えて周知させる。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。