2000万円問題、報告書の神髄に触れよう
編集委員 大林 尚

霞が関エックス線
2019/6/26 14:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

安倍晋三首相をはじめ、すべての閣僚が出席した今月10日の参院決算委員会。年金ぐらしの無職夫婦が20年生きるとすれば約1300万円、30年なら約2000万円の「金融資産を取り崩す必要がある」と記述した金融審議会の市場ワーキング・グループ報告書「高齢社会における資産形成・管理」について、麻生太郎財務・金融相は「冒頭の一部に目をとおしたが、全体を読んでいるわけではない」と答弁した。審議会の担当閣僚とし…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]