/

この記事は会員限定です

佐賀の地中熱 空調に活用、県が「見える化」マップ

エネルギーを地産地消

[有料会員限定]

再生可能エネルギーの一つ、地中熱の利用促進に向けた取り組みが佐賀県で始まっている。佐賀平野は掘削がしやすいことなどから地中熱活用に向いているとされ、佐賀県は適性の度合いを可視化した「ポテンシャルマップ」を作成、ホームページで公開した。企業がシステム設計やコストを試算する際に必要な情報を提供することで、地中熱の利用を促す考えだ。

地中熱は地中の浅い所に存在する低温の熱エネルギーで、火山周辺を熱源と...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り980文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン