/

FDA、16機体制に エンブラエル2機導入

フジドリームエアラインズ(FDA、静岡市)はブラジル・エンブラエルのリージョナルジェット機「ERJ175」を2機導入する。時期は2019年12月末ごろを予定している。どの路線に投入するかは未定だが、予備機としても運用するという。今回で16機体制となる。

このほどエンブラエルと契約を結んだ。現在は、ERJ175(84席)を11機、同170(76席)を3機保有している。同社は各機体に異なるボディーカラーを付けており、今回導入する15号機、16号機のカラーは現在検討中だという。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン