2019年7月18日(木)

その他スポーツ

テニス伊達公子さん、ジュニア育成に情熱

2019/6/24 19:02
保存
共有
印刷
その他

2度目の現役引退から2年、女子テニスの伊達公子さん(48)が次世代のトップ選手育成に動き出した。「日本選手はプロになってから伸び悩む」との考えから、15歳以下をターゲットに指導し、ジュニアの四大大会出場を目指す。

ジュニア選手を指導する伊達公子さん(左)(東京都品川区)

ジュニア選手を指導する伊達公子さん(左)(東京都品川区)

5月にオーディションを実施し、運動神経が一番伸びるとされる「ゴールデンエイジ」終盤期の小学6年~中学3年の4人を選んだ。戦績より「球をうまく、強く打てる」などの点を重視した。

元プロの浅越しのぶさん、石井弥起さんら参加スタッフの顔ぶれは豪華だ。練習メニューや体のケアなどトップ選手なみのサポート体制で2年間で8回合宿を行い、選手の所属クラブのコーチと成長度合いや改善点の情報も共有していく。

6月22日から始まった合宿のテーマは「自分を知る」と「追求」。試合形式の練習で選手の長短所を探り、課題を掘り下げた。力を入れたのはサーブとボレーだ。

「サーブ、リターンに続く3球目をしっかり返し、いかに主導権を握るか。プロ、特に女子はここを本当によく練習する」。サーブ練習では伊達さんもリターンに入った。「『軽ーく返したよ』というリターンがすごく重かったし、今まで注意されたことのない点を指摘されたり、驚くことばかり」と奥脇莉音さん(14)。今回のメンバーに選ばれたのを機に、プロへの決意を固めた。

錦織圭、大坂なおみの活躍によるテニスブームを次代につなぐため、「しっかり土台づくりをしたい」と語る。

錦織圭、大坂なおみの活躍によるテニスブームを次代につなぐため、「しっかり土台づくりをしたい」と語る。

このプロジェクトは伊達さん引退後、ヨネックスとの生涯契約が決まり、「共に何をするか」を考える中で生まれた。

ヨネックスのサポートで1989年に伊達さんはプロ入り。伊達さんにけん引され、90年代の日本女子はトップ50に何人も名を連ねた。それが21世紀に入ると尻すぼみに。現在、錦織圭、大坂なおみ(ともに日清食品)のおかげで注目を集めるものの、大坂以外の女子は苦境が続く。今回のブームこそ次代につなぐために「しっかり土台づくりをしたい」と、強化に乗りだした理由を語る。

日本テニス協会も力は入れているが、味の素ナショナルトレーニングセンター(東京・北)にあるコートはシニア兼用で4面。強化対象にできるのは、試合で結果を出した一部のトップジュニアに限られてしまう。

「仕方ないけれど、日本の選手は『勝たなければいけない』という意識が強い。欧米選手は『勝ちたい』。この前、フランスの方と話していて、この微妙な差は大きい気がした。ノビノビと育つ環境が日本は少ないかな」と伊達さん。抜きん出た才能のある子だけでなく、「少し加えることで大きく変わる可能性のある子にチャンスを広げたい」と話す。

トップ選手なみのサポート体制を用意する

トップ選手なみのサポート体制を用意する

伊達さん自身、注目を集めたのは高校3年生の頃と遅咲きだ。浅越さんは大学進学もした。「みんなが強くなれるわけじゃないこと、負けも耐え抜かないとトップになれないことも避けずに伝える。うまく情熱をあげていきたい」。息の長い活動を目指すそうだ。(原真子)

 四大大会に予選なしで出場できる世界ランキング100位以内――。伊達さんがプロとして、まずあるべき位置とする場所だ。そこにいる日本女子は現在、2位の大坂だけ。男子も7位の錦織、67位の西岡良仁(ミキハウス)の2人。かつてトップ50にいた土居美咲(ミキハウス)は110位、奈良くるみ(安藤証券)は172位とケガもあり苦しんでいる。
 ジュニアは今年、川口夏実(Club MED)が全豪ダブルスで優勝、望月慎太郎(Team YUKA)が全仏男子シングルス4強入り、海外を拠点にする2人が久々に気を吐いた。トップ100位には男女計7人、男子3人はいずれもトップ20位にいる。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

その他スポーツ 一覧

フリーコンビネーション予選 日本の演技(18日、光州)=共同

 【光州(韓国)=共同】水泳の世界選手権第7日は18日、韓国の光州などで行われ、アーティスティックスイミング(AS)の非五輪種目、フリーコンビネーション予選で日本(乾、吉田、福村、木島、熊谷、京極、丸 …続き (13:47)

 来年の東京五輪で新採用されるスケートボード・パークの五輪予選対象大会第2戦、国際オープンは17日、中国の南京で開幕して男子予選が行われ、夏冬両五輪出場を目指す平野歩夢(木下グループ)が62.33点の …続き (13:18)

 【ブダペスト=共同】フェンシングの世界選手権第3日は17日、ブダペストで個人2種目の予選が行われ、男子フルーレはアジア選手権個人で優勝した敷根崇裕(法大)や2017年世界選手権2位の西藤俊哉(長野ク …続き (11:52)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。