「京都・神戸で50億円」要請 万博整備費、京商会頭明かす

2019/6/24 18:55
保存
共有
印刷
その他

京都商工会議所の立石義雄会頭は24日の定例会見で、2025年に大阪で開く国際博覧会(大阪・関西万博)の会場整備費用について、京都・神戸の両経済界で合計50億円の負担を要望されていることを明らかにした。大阪商工会議所の尾崎裕会頭から協力の要請を受けており、今後京都への経済波及効果なども含めた詳細な検討に入る。

立石会頭は京都に対して30億円、神戸に対して20億円が想定されていると明らかにしたうえで、「要望内容について伝え聞いたという段階で、現段階ではまだ具体的な検討に入る内容ではない」と説明。「京都経済に与えるベネフィットも今後詳細に把握する必要がある」と語った。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]