/

首相「一致団結し毅然と行動」 内閣不信任案への対応で

安倍晋三首相は24日の自民党役員会で、野党が衆院で内閣不信任決議案を提出した場合の対応について「一致団結して毅然とした行動をとりたい」と述べた。「安倍内閣はこれまで経済、外交、安全保障の実績と具体的な成果を出してきた」とも強調した。

萩生田光一幹事長代行は役員会後の記者会見で、内閣不信任案が提出されれば「粛々と否決するのみだ」と語った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン