トルコ民意、強権統治に一矢 市長選で与党再び敗北

2019/6/24 18:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【イスタンブール=木寺もも子】23日に投開票したトルコ最大都市イスタンブール市長選の再選挙は、エルドアン大統領が推す与党候補が野党候補に9ポイントの差を付けられて大敗した。政権のメディア統制や集票組織の動員も効かず、通貨安など経済混乱による大都市部での支持退潮を露呈した。強権統治に民意が一矢を報いた形で、エルドアン氏の求心力低下につながる可能性もある。

「今日、あなたがたはイスタンブールで民主主…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]