/

SNSで地域の魅力発信 千葉県香取市でセミナー

歴史的な建物が立ち並ぶ小野川沿いで、拡散に効果的な写真の撮り方を学んだ(24日、香取市)

京葉銀行や佐原信用金庫(千葉県香取市)などは24日、影響力のあるSNS(交流サイト)を発信する「インフルエンサー」を地元で育成するためのセミナーを香取市佐原地区で開いた。学生や地元の事業者など20~30代を中心に30人以上が参加し、効果的な投稿や写真撮影の方法などを学んだ。

ツイッターやインスタグラムで多くのフォロワーがいる3人が講師となり、SNSごとの特性やハッシュタグのつけ方、海外からの反応を得やすい写真の特徴などを実例を交えて説明した。参加者はアドバイスを受けながら、実際に街中で撮影したり、SNSの紹介文を作成したりと、発信に向けた準備作業に取り組んだ。

手作りアクセサリーを製作・販売している藤ヶ崎千佳さん(38)は「顧客にメッセージを直接伝える手段としてSNSを活用したい」と話し、佐原でダンス教室を運営する高橋マミさん(39)は「自分の教室の宣伝だけでなく、地元の情報も発信していきたい」と話した。講師の1人で、地方創生のプロジェクトなどに関わる小幡和輝さんは「SNSを始めたばかりの頃は大変だが、やっていけば結果が出る」と呼びかけた。

これまでも佐原地区の観光事業者らはウェブ制作会社やインフルエンサーに情報発信を依頼してきたが、単発で終わるため集客につながりにくいという課題があった。地元住民や事業者が自ら発信して、継続的な発信につなげる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン