/

この記事は会員限定です

神戸大、商品先物研究手厚く デリバティブ人材育てる

[有料会員限定]

神戸大学が商品先物市場の研究者を手厚くしている。金融と資源経済の中間でニッチ分野の商品先物は国内では各大学に研究者が1人いるかいないかが通常だが、神戸大では主だった研究者だけでも3人を擁する。実学志向の伝統があり、2000年代からデリバティブ(金融派生商品)の研究者の受け入れを進めてきた。大阪取引所に商品先物の移管が予定されており、将来の市場を担う人材育成も狙う。

神戸大の商品先物の研究で中核的...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り849文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン