大阪府のドローン禁止条例、19カ所を追加 G20警戒で

2019/6/24 17:00
保存
共有
印刷
その他

28、29日に大阪市で開かれる20カ国・地域首脳会議(G20サミット)を前に、大阪府は24日、サミット開催に伴いドローン(小型無人機)の飛行を禁止する府の条例に、禁止場所として新たに19カ所を追加した。大阪城西の丸庭園の大阪迎賓館や市内の主要ホテルなどのサミット関連施設とその周囲約300メートルが27~30日の期間は規制の対象地域となる。

府は罰則付きの条例により、関西国際空港の周囲1キロメートルや会場がある人工島・咲洲(さきしま)の同300メートルなどを対象にドローンの飛行を制限。航空法で飛行時の届け出が不要な重量200グラム未満のドローンも規制対象に含めている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]