/

この記事は会員限定です

100年後の社会 科学者が描く

理研の挑戦「未来に責任」

[有料会員限定]
NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

日本を代表する研究機関である理化学研究所が100年後の未来社会を描くプロジェクトに取り組んでいる。科学技術の政治や経済、社会への影響力が増すなか、世界が持続するように自らが将来へもきちんと責任を果たすべきだとの考えからだ。日本の研究者は未来作りが苦手とされるが、さまよう科学技術の新たな羅針盤になるのだろうか。

5月24日、東京・日本橋にある理研の東京事務所。「ビヨンド・ヒューマン、機械が人間を超え...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1730文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経産業新聞をPC・スマホで!今なら2カ月無料

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。今なら2カ月無料の初割実施中!

日経産業新聞をPC・スマホで!今なら2カ月無料

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。今なら2カ月無料の初割実施中!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン