/

この記事は会員限定です

起業の費用、設立実費は約25万円 あといくら必要か

[有料会員限定]

最近は大企業が新規事業での協業を目的にスタートアップ企業に投資するなど、起業しやすい環境が整いつつある。法務省の登記統計によれば2018年に国内で設立された企業は約11万6000社だった。一般的な株式会社は資本金は1円で設立できるが、設立登記などの法的な手続きには費用がかかる。準備や収入が安定するまでの生活費など立ち上げ資金も必要だ。一般的な株式会社を設立して起業するには、結局どれくらい必要なのだ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1538文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

価格は語る

モノやサービスの値段にまつわる「なぜ?」を様々な角度から掘り下げる連載。商品の種目ごとに細かく担当を受け持つ日経記者が、その担当の商品・サービスの値段の変化がなぜ起きたのか、日本だけでなく世界のトレンドまで鋭く切り込む。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン