サッカー

エスパルス、デジタル技術で挑む経営革新

2019/6/24 16:13
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

サッカーJ1・清水エスパルスを運営するエスパルス(静岡市)はデジタル技術を活用した経営改革を進める。日本IBMと連携し、スマホのアプリを活用して新たなサービスを提供するほか、集めた顧客データを活用して販売活動を後押しする。2019年度は初期投資として約1億5000万円を投じる計画だ。デジタル技術で収益力を高めるとともにチームの成績向上につなげる。

エスパルスは今年度から日本IBMと「スポーツビジ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップスポーツトップ

サッカー 一覧

マカビ・テルアビブ戦で攻め込むビリャレアルの久保建=左(26日、テルアビブ)=共同

 【ロンドン=共同】サッカーの欧州リーグは26日、各地で1次リーグ第4戦が行われ、I組でビリャレアル(スペイン)の久保建英はアウェーのマカビ・テルアビブ(イスラエル)戦に後半18分まで出場。チームは1 …続き (9:02)

マラドーナ氏への弔問のため、大統領府には多くのアルゼンチン国民が訪れた(26日、ブエノスアイレス)=ロイター

 【サンパウロ=外山尚之】サッカー界のスーパースターでアルゼンチン元代表のディエゴ・マラドーナ氏の死を巡り、同氏の弁護士は26日、死因について再調査が必要だとする声明を発表した。手術後間もない状況にも …続き (5:19更新)

 【ベルリン=共同】サッカーのドイツ1部リーグのシュツットガルトは26日、2022年6月30日までとなっていた日本代表MF遠藤航(27)との契約を24年6月30日まで延長したと発表した。
 遠藤はJ1湘 …続き (0:38)

ハイライト・スポーツ

[PR]