2019年7月16日(火)

中央出版創業者親族、相続税130億円申告漏れ 国税指摘

中部
社会
2019/6/24 15:43
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

教育関連事業を手掛ける「中央出版」(名古屋市名東区)の創業者で2014年に死去した前田亨氏の長男が、名古屋国税局の税務調査を受け、相続した株式の評価を巡って約130億円の申告漏れを指摘されていたことが24日、関係者への取材で分かった。相続税の追徴税額は過少申告加算税を含めて約70億円とみられる。

長男は同社役員の前田和一氏。和一氏は追加の税金を支払った上で、処分を不服として再調査を請求し、一部が…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。