勝負はこれから

フォローする

交流戦最下位の広島 逆境こそチーム改造の好機
編集委員 篠山正幸

(1/2ページ)
2019/6/25 6:30
保存
共有
印刷
その他

広島がセ・パ交流戦で4勝12敗1分け(6月24日現在)と負け越した。リーグ半ばの"中間テスト"の意味合いがある交流戦で及第点を取れず、リーグ4連覇に暗雲がたれ込めるが、3週間、いたずらにもがき苦しんだだけではない。

交流戦開始時点で、2位阪神に4ゲーム差をつけて首位だった広島が、終了時点では巨人にその座を明け渡すことになった。

23日のオリックス戦で延長10回に大量リードを許す展開を見つめる緒方監督(中央)=共同

23日のオリックス戦で延長10回に大量リードを許す展開を見つめる緒方監督(中央)=共同

先発はそこそこ踏ん張っているのに、試合後半で競り負ける。パ・リーグの5、6位、ロッテ、オリックス相手に1勝5敗だった18日からの本拠地6連戦は、投打がかみ合わない交流戦を象徴する内容だった。

交流戦最下位という王者の低迷もあって、セ・リーグはパ・リーグに対し10年連続の負け越しとなった。交流戦が始まって15年。この間、セ・リーグの勝ち越しは2009年の1度だけ。パ・リーグの優位は揺るぎのないものになったようだ。

DeNAのアレックス・ラミレス監督は本拠地、横浜スタジアムでの日本ハムとの初戦(18日)に勝利し、迎えた第2戦の前に、こう話した。

「第1戦を取るのは大事だよ。なぜなら、これでもうスイープ(三たて)されることがないわけだからね。セ・リーグのチームが三たてされることはあっても、パ・リーグのチームがやられることはあまり見ないだろう」

第2戦の先発には今季初登板となる飯塚悟史を立てていた。飯塚への期待を問われ「セ・リーグの相手だと、5、6イニングは投げてほしい、と話すこともできるが、パ・リーグの相手だとそうはいかない。1イニング1イニング、集中して投げてほしい、としかいえない」。

ここまで率直に語る監督、コーチも珍しいが、ラミレス監督ならずとも、セ・リーグの側は交流戦の重圧を感じないはずがない。

皮肉にも、というべきか。こうした「パ高セ低」の力関係のなかで、交流戦優勝を最後まで争った巨人といえども、この間の貯金は4と、突っ走るところまではいかなかった。

いくらなんでも負けすぎ、のきらいがあった広島も、リーグ内では全く問題ないゲーム差につけている。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

プロ野球のコラム

ドラフト会議

電子版トップスポーツトップ

勝負はこれから 一覧

フォローする
第2戦の一回、先制を許した今井(右から3人目)のもとに集まる西武ナイン=共同共同

 リーグの覇者、西武としてはあまりにつらいクライマックスシリーズ(CS)敗退だった。だが、菊池雄星、浅村栄斗が抜け、昨季最多勝の多和田真三郎も不調、という試練を克服するなかで、チームの新しい形も見えて …続き (10/15)

引退試合となったDeNA戦の二回、マウンドへ行き沢村(左)と握手を交わす阿部=共同共同

 自身が「サプライズ的に決断したところがあった」と明かすくらいだから、巨人・阿部慎之助の現役引退には、何かの弾みのような要素がからんでいたのかもしれない。もちろん、引退は選手にとって最大の決断。降って …続き (10/1)

本塁打や打点部門で年少記録を更新し続けるヤクルト・村上。一方で三振の数でもリーグトップを走る=共同共同

 投手としては与四球、打者としては三振が、野球で喜ばしくない記録の筆頭だろう。だが、こうした「マイナス」の記録に、選手の特徴が表れているケースが少なくない。三振や四球からみえてくる選手の味とは……。
  …続き (9/17)

ハイライト・スポーツ

[PR]