トヨタすら飲み込むのか、電池最大手の中国CATL
CATLの実像(上)

コラム(テクノロジー)
2019/7/25 4:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2011年の創業から一気に世界最大の電池メーカーに上り詰めた中国・寧徳時代新能源科技(CATL)。電気自動車(EV)の心臓部を握る同社に、世界の自動車メーカーが群がる。トヨタ自動車も電池の調達先として期待を寄せるが、「殿様商売」とも称されるCATLとの駆け引きは容易ではない。

【次回記事】「全固体電池は必要なのか」最大手CATLの真意

■トヨタが方針転換した理由

「トヨタまで電池が回ってこないかもし…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経BPの関連記事

電子版トップ



[PR]