投票依頼書を事前郵送疑い 堺市長選、元市議2人書類送検

2019/6/24 13:06
保存
共有
印刷
その他

9日投開票の堺市長選に出馬、落選した野村友昭氏(45)への投票を呼びかける文書を告示前に郵送したとして、大阪府警は24日、同氏の陣営幹部を務めた元堺市議2人を公職選挙法違反(事前運動、法定外文書頒布)の疑いで書類送検した。捜査関係者への取材で分かった。配布した文書は約1万通に上るという。

捜査関係者らによると、書類送検されたのは野村氏の陣営で出納責任者を務めた元堺市議の男性(37)と別の元堺市議の男性(71)。5月26日の堺市長選告示より前に、野村氏が卒業した府立泉陽高(堺市堺区)の同窓生宛てに投票を依頼する文書を郵送した疑いが持たれている。府警は野村氏の関与はなかったとみている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]