2019年8月18日(日)
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,677,707億円
  • 東証2部 68,009億円
  • ジャスダック 85,712億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.10倍 --
株価収益率13.21倍13.04倍
株式益回り7.56%7.66%
配当利回り2.16% 2.17%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 20,418.81 +13.16
日経平均先物(円)
大取,19/09月 ※
20,390 +10

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

8月16日(金)14:20

ユニゾ SBG系ファンドがTOB報道「きょう取締役会」[映像あり]

英領ジブラルタル当局 拿捕のイランタンカーを解放

8月16日(金)13:03

[PR]

マーケットニュース

フォローする

取締役会と「プロ野球カード」(十字路)

株主総会
2019/6/26 11:30
保存
共有
印刷
その他

世界最大のヘッジファンド、ブリッジウォーターの創業者、レイ・ダリオ氏が著書「人生と仕事の原則」で自身の組織論を展開している。そのなかで、人材の「野球カード」という項目が出てくる。

お菓子についていたプロ野球選手のカードといえばイメージがわく人も多いだろう。写真入りカードに成績が書かれ、能力が一目で分かる。人気選手のカードを友達と交換した人もいるのではないか。

ダリオ氏は、その人の強みと弱み、それを裏付けるエピソードを簡潔に把握できるカードをシステム的に作り上げた。その人の意見を見定めるのに用い、仕事とのマッチングにも生かすのだそうだ。

今年の株主総会も終盤。各社が株主に配った招集通知をみると、取締役候補の資料に「スキルマトリックス」を盛り込む例が増えてきた。各候補がどんな経験や専門性を持つか一覧表にしたものだ。

今年それを取り入れたエーザイは、縦軸に候補者、横軸に期待されるスキルを並べている。スキル項目は企業経営経験者、財務会計専門家、法律専門家、学識経験者、ジェンダー・国籍の5つだ。

多様な視点から経営トップを監督する取締役会の陣形といえる。9人がそれぞれのポジションをしっかり守って勝つのが野球。発想はダリオ氏のカードと同じだろう。

スキル項目の立て方にその企業が戦略上、何を重視するかが浮き上がる。企業買収や新技術という会社もあろう。株主からすれば、ポジションに穴がないか、人材は適切かなどのチェックになる。

働かぬ社外取締役は困るが会社側には「気負った社外取締役がよく知らずに細部に口出ししぎる」との本音もあるらしい。野球選手と同様、取締役もプロフェッショナルであるべきだ。最適な人材、最高のパフォーマンスは何か。取締役会の布陣は明確な戦略のもとで作られてこそ本当の意味で機能する。(中萩)

マーケットニュースをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。