/

この記事は会員限定です

海のデータ、民間に開放 波風や航行量の予測に活用

[有料会員限定]

政府は船の運航や海の天気に関するビッグデータを2019年度内にも民間企業に開放する。官民の膨大なデータを分析し、効率的な運航計画づくりや将来の自動運航船の実現に役立てる。日本郵船商船三井富士通など約50社が参画する組織がデータを流通させる仕組みをつくる。

荒波やゲリラ豪雨といった気象条件や、船の航路や交通量を正確に予測するため、官民で膨大なデータを持ち寄り分析や活用を進める。人工知能(AI)...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り357文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン