/

この記事は会員限定です

ロシア産の生鮮鶏肉、輸入解禁検討 日ロ政府合意へ

首脳会談にあわせ

[有料会員限定]

日ロ両政府は29日に予定される安倍晋三首相とプーチン大統領との首脳会談にあわせ、ロシア産生鮮鶏肉の輸入解禁を検討するとともに、加工肉の輸入量も増やすことで合意する。日本政府は生鮮鶏肉の輸入対象国を感染症が持ち込まれる可能性が低い国に限定しているが、国内需要の高まりにも考慮して調達先を広げることにした。

プーチン氏は大阪で開く20カ国・地域首脳会議(G20サミット)のため来日する。その際の日ロ首脳会...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り394文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン