サッカー

J1大分の筆頭株主に 貸会議室のTKP

2019/6/24 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

貸会議室大手ティーケーピー(TKP)は、サッカーJリーグ1部(J1)の「大分トリニータ」を運営する大分フットボールクラブ(FC、大分市)と資本・業務提携する。同社の発行済み株式の20%を1億円前後で取得し、筆頭株主となる。スポーツを通じた地域の活性化や雇用創出など社会活動を支援する。広告効果や採用活動への好影響も見込む。

24日に会見する。TKPの河野貴輝社長が大分FCの社外取締役に就任する。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップスポーツトップ

サッカー 一覧

アトレチコ・マドリード戦で競り合うエイバルの乾=右(18日、エイバル)=共同

 【エイバル(スペイン)=共同】サッカーの海外各リーグは18日、各地で行われ、スペイン1部でエイバルの乾貴士はアトレチコ・マドリード戦にフル出場し、2―0の勝利に貢献した。ドイツ1部でブレーメンの大迫 …続き (15:10)

 J1神戸は18日、元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ(34)が契約満了に伴い、退団すると発表した。クラブを通じて「神戸に来た最初の日からタイトルをともに取った国立での最後の日まで、サポーターといつ …続き (18日 23:48)

 サッカー男子の東京五輪予選を兼ねたU―23(23歳以下)アジア選手権第10日は18日、バンコク近郊などで準々決勝2試合が行われ、前日本代表監督の西野監督が率いるタイはサウジアラビアに0―1で敗れ、上 …続き (18日 22:55)

ハイライト・スポーツ

[PR]