/

この記事は会員限定です

ロシア極東に日本の予防医療 首脳会談にあわせ覚書

丸紅、ロシア鉄道など21年開業目指す

[有料会員限定]

日ロ政府は日本式健康診断のノウハウを提供する医療施設をハバロフスクに設立する。2021年10月の開業を目指す。20カ国・地域首脳会議(G20大阪サミット)にあわせて来日するプーチン大統領と安倍晋三首相との首脳会談で経済協力の成果として打ち出す。

日ロ両首脳が16年に合意した8項目の経済協力の一環だ。丸紅とロシア鉄道、厚生労働省、医療法人鉄蕉会が29日に予定する日ロ首脳会談にあたって「日露予防医療...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り340文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン