2019年8月22日(木)

イラン攻撃撤回、再選に影響懸念か トランプ米大統領

トランプ政権
2019/6/22 20:46
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=永沢毅】トランプ米大統領が20日、イランへの軍事行動を土壇場で撤回した。ボルトン大統領補佐官(国家安全保障担当)ら強硬派が唱える主戦論に一時は傾いたが、戦線が拡大すれば米国経済に打撃となり、再選をめざす2020年11月の大統領選にも影響しかねないと判断したとみられる。ただ、圧力を強めてイランを対話に誘い出す戦略にはほころびがみえつつある。

イランによる米軍の無人機撃墜から一夜明けた米東部時間の20日。米紙ワシントン・ポストによると、トランプ氏は同日朝に空爆にゴーサインを出し、犠牲者も最大150人になるとの報告を受けた。空爆はイランが日の出前の米東部時間午後9~10時の間に予定されていた。

その直前、トランプ氏はホワイトハウスの大統領執務室に政権高官を参集し、「何人くらい死ぬのか」などと改めて尋ねた。会合が終わると、攻撃撤回を命じたという。

土壇場の変心の理由は何か。米紙ニューヨーク・タイムズによると、トランプ氏は最近、自らに近い保守系FOXテレビのキャスターから「イランの挑発に乗るのは狂気の沙汰だ」と伝えられていた。

「イランとの戦争に巻き込まれれば、大統領再選に影響する」と助言され、軍事行動を求めるタカ派とは最終局面で距離を置いた。中東で戦線が広がれば、トランプ氏が成果として誇る米国の景気への打撃も免れなくなる。

イランとの軍事衝突は、「米国第一主義」を掲げて中東の米軍撤退を表明してきたトランプ氏の基本戦略とも相いれない。周囲の慎重派のこんな見方も、トランプ氏が軍事行動を踏みとどまった判断に影響を与えた可能性があると米メディアは伝える。

「私は戦争を望んでいない。もしそうなれば、見たこともない破壊を目の当たりにする」。トランプ氏は21日収録の米NBCテレビのインタビューでこう語った。中東有数の軍事大国であるイランとの戦争に短期勝利はあり得ない。トランプ氏にとって、実行寸前の攻撃撤回はイランに米国の本気度を示すとともに、対話に前向きなサインを送る効果がある。

ただ、与党・共和党の保守派議員からは「『攻撃する』と言いながら実行しないのは、オバマ前政権そのものだ」(マイク・ギャラガー下院議員)など、トランプ氏への「弱腰批判」がわき起こる。北朝鮮と同様に「最大限の圧力」で対話に追い込むのがトランプ氏の戦略だが、イランは最高指導者ハメネイ師が対話を拒否している。トランプ氏の描くシナリオは袋小路に陥りつつある。

識者の見方
欧州、自ら仲介役を マサ・ルーヒ英国際戦略研究所リサーチ・フェロー
「150人犠牲」抑止力に ポール・イングラム英米セキュリティー情報協議会専務理事
報復で周辺国に影響 田中浩一郎・慶大教授

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。