/

この記事は会員限定です

イオン、拡大の先に荒波 グループ300社デジタル化後れ

ビッグBiz解剖(上)

[有料会員限定]

前身のジャスコ誕生から50年を迎えたイオン。ダイエーなど度重なる流通大手のM&A(合併・買収)を通じてグループ会社が300社を超える国内の小売り最大手に成長した。ただ米アマゾン・ドット・コムなどネット通販の拡大で事業環境は変化している。事業の入れ替えを急ぐ世界最大手の米ウォルマートと、デジタル化などで後れを取るイオン。創業家の岡田元也社長は、どう未来を切り開くのか。

「イオンと新しいモノを生み出していく」。いなげやの成瀬直人社長は5月8日の決算会見でこう語った。筆頭株主のイオンと傘下のいなげや。両社の関係を考えると当たり前の発言だが、両社は大いにもめていた。

いなげやの不正取引や業績不振を受けてイオンは4月、成瀬社長の解任を提案していた

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1570文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

経営戦略や人材戦略、投資戦略、研究開発(R&D)、サプライチェーンや現場の取り組みは。日本やアメリカ、中国などグローバル競争の先頭を走る有力企業の現在と未来を追います。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません