2019年8月25日(日)

新疆での抑圧で中国を批判、米報告書

2019/6/22 4:30
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=芦塚智子】米国務省は21日、世界の「信教の自由」に関する2018年版の報告書を発表した。中国政府による新疆ウイグル自治区での信教の自由の抑圧が特に悪化しているとして、別項を設けて批判した。

世界の「信教の自由」に関する報告書を発表するポンペオ米国務長官=AP

報告書は、2017年4月以降に中国政府が少なくとも80万人、最高で200万人以上のウイグル族らイスラム教徒を拘束したと推計されていると指摘。新疆ウイグル自治区の収容所で拷問が行われ、死者も出ているとの報告があるとした。

北朝鮮に関しても、政府が信教の自由を「ほぼ完全に否定している」とした国連の報告書を引用して非難した。

ポンペオ国務長官は同日の記者会見で、中国やイラン、ロシア、ミャンマーを名指しして信教の自由の抑圧を批判した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。