日本政府、ハラスメント禁止条約に賛成票 批准は未定

2019/6/22 1:52
保存
共有
印刷
その他

【ジュネーブ=細川倫太郎】日本政府は21日、国際労働機関(ILO)の職場での暴力やハラスメントを禁止する国際条約の採択で賛成票を投じた。セクハラや嫌がらせの根絶に一歩前進した形だが、批准するかは「検討すべき課題がある」として、現時点では未定との立場を示した。

ILOの年次総会が開かれたスイス・ジュネーブで取材に応じた厚生労働省の麻田千穂子・国際労働交渉官は「暴力とハラスメントは働く人の尊厳を傷つ…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]